一人暮らしで家賃交渉をする前に、抑えておかないと大失敗するポイント、さらには一人暮らしのコツと契約前に必ず確認しておかなければいけない事を解説。

一人暮らしのコツ

一人暮らしの部屋探しを始めると、共益費や管理費といった名前を目にすると思います。これ意味分かります?意味は廊下や階段、エレベーター等の共用部分を維持・管理する為のお金です。一人暮らしをはじめようとする時に、初めて聞く言葉かもしれません。まあ簡単に言えば、廊下や階段の電灯交換や、軽い清掃費と考えれば分かりやすいでしょう。一人暮らしの部屋探しで、共益費・管理費は重要な意味を持つので、きっちり抑えましょう。

一人暮らしの管理費の内容

言葉の意味を聞けば共益費・管理費がある物件は、電灯交換や清掃をきっちりやってくれるものなの?と疑問に思うはずです。一人暮らしをするあなたには、気になるところですね。これは「やっているところもある」という程度だと思っておきましょう。管理会社が入っているところは、たぶんしっかりとやっているはず。一人暮らしをするあなたは、お金を払ってるんだから、ちゃんとやってよと思うかもしれません。当然の意見だと思います。

一人暮らしを安く見せる為の手

ただ共益費・管理費はインターネットで一人暮らしの物件検索が一般的になってきた今、家賃の割安感を出すために使われている場合もあるのです。たとえば家賃6万円よりも、家賃5.9万円で共益費1000円の方が、安く感じませんか?こんな感じに使われている場合もあるということです。一人暮らしの部屋探しで、この言葉が出てきたら、こんな程度に考えた方がいいでしょう。もちろん全部ではありませんが、これが共益費・管理費の正体だったりします。

Copyright 一人暮らしのコツ 2017
無断転載、無断コピー等一切を禁止します