一人暮らしで家賃交渉をする前に、抑えておかないと大失敗するポイント、さらには一人暮らしのコツと契約前に必ず確認しておかなければいけない事を解説。

一人暮らしの共益費の疑問

もとろん全部ではなく あくまで一部の事なので、お間違えないようにお願いいたします。一人暮らしをするあなたには、もう少し詳しくお話しましょう。ネットで部屋探しをすると、条件を選んで検索する事になります。たとえば、家賃の上限を『〜万円以下、〜万円未満』というように選んで検索します。一人暮らしの部屋探しで『6万円未満』で検索すると、家賃6万円の部屋は出てきません。そう出てこないので、見つけられないんです。

一人暮らしとネットの関係

これを回避するために、家賃5.9万円と共益費1000円とに家賃を分けるんです。そうすれば、6万円未満なので見つかるようになるんです。そして一人暮らしをする、より多くの人の目に触れるようになります。家賃○万円で「おぉー安い!」希望の条件にピッタリなんて思って、よく見ると共益費5000円になっていて「安くないし高いよ」なんて思った経験がありませんか?一人暮らしの部屋探しでは、この点を十分に注意してみてくださいね。

一人暮らしとエレベーター

初めての一人暮らしだと、1番ビックリするのがエレベーター付きの物件でしょう。管理費1万円なんていうものも、珍しくありません。エレベーターは保守点検に非常にお金がかかるので、こんな金額になってます。便利さと引き換えですね。さらに一人暮らしの部屋探しで驚くのが、一回でも管理費が取られる事でしょう。エレベーター使わないのにと、不満の声もあったりして、一階の管理費が少なく設定されているところもあるくらいです。

Copyright 一人暮らしのコツ 2017
無断転載、無断コピー等一切を禁止します