一人暮らしで家賃交渉をする前に、抑えておかないと大失敗するポイント、さらには一人暮らしのコツと契約前に必ず確認しておかなければいけない事を解説。

一人暮らしと毎月の家賃

部屋探しで家賃交渉が出来るって知ってました?一人暮らしをするあなたは、よほどお金に余裕がある方でもない限り、毎月の家賃は安くすむにこした事はないですよね?ならば安くすませるための努力をしてみましょう。一人暮らしの資金を少なく抑えて、なおかつ毎月の家賃を安く抑えられたら、もう言う事ないでしょう。でも、交渉できると分かっていても、交渉しない方が大半なんです。一人暮らしをする方は太っ腹な方が多いわけです。

一人暮らしで太っ腹な人

実際そんな太っ腹な訳ありませんよね。交渉しない方は、不動産会社や大家さんに嫌われてしまうなんて思ってませんか?もしくは恥ずかしいとか?まあ無理もないでしょう。一人暮らしをはじめようとして、いきなり交渉しようと言われても、値切った経験のない方は言い出しにくいでしょう。たしかに、過度の家賃交渉をすると嫌われます。ただ、過度の場合だけです。ここからは一人暮らしでやってはいけないパターンを紹介していきます。

一人暮らしの失敗例

どんなのが過度に当たるのか分かっていれば、そんな失敗はしないですみます。一人暮らしの部屋探しで多い失敗パターンは次の3つです。部屋を見にも行ってもいないのに、値下げを要求する。これは当たり前でしょう、借りる気が本当にあるなら別ですが、これじゃあただのひやかしです。一人暮らしで多い失敗のパターンその2は、家賃も礼金も敷金も、全て下げてと要求する。これも当然でしょう。貸す側は、家賃が収入になっているんです。

Copyright 一人暮らしのコツ 2017
無断転載、無断コピー等一切を禁止します