一人暮らしで家賃交渉をする前に、抑えておかないと大失敗するポイント、さらには一人暮らしのコツと契約前に必ず確認しておかなければいけない事を解説。

一人暮らしの失敗パターン

一人暮らしで失敗するパターンその3は、家賃を2万も3万も大幅に下げてと要求する。これも当然でしょう。では今まで見てきたような交渉をすると、なぜ嫌われるのかわかりますか?あなたが貸す側になったつもりで考えて下さい。 答えは簡単です、大家さんの気持ちを無視しているからです。一人暮らしであなたは家賃を払います。大家さんはそれを収入として、建物を維持しています。それを考えずに、極端な交渉をしても限界があるのです。

一人暮らしで重視される事

さらに言えば、一人暮らしをするあなたの家賃の支払い能力を疑います。本当にこの先ちゃんと支払っていけるのか、滞納したりしないだろうかと不安になります。一人暮らしをするあなた自身には支払える事が分かっていても、大家さんは分からないわけです。これがわかれば、過度の交渉は嫌われると理解していただけたと思います。しっかり頭に入れておいて下さい。最悪、そんな要求をしてくるお客さんには貸さないと言われてしまいます。

一人暮らしの交渉は誰にするの?

ここからは一人暮らしの部屋探しの、具体的な交渉の話に入っていきます。まず基礎の基礎からいきましょう。家賃交渉は誰にするものでしょうか?これちゃんと分かります?まさかまさかとは思いますが、あなたの担当営業マンだと思ってませんか?違いますよ。一人暮らしをするあなたは、誰から部屋を借りますか?そう大家さんです。家賃交渉は大家さんにするものですよ。理解できましたか?では更に詳しい話に入りますがよろしいですか。

Copyright 一人暮らしのコツ 2017
無断転載、無断コピー等一切を禁止します