一人暮らしで家賃交渉をする前に、抑えておかないと大失敗するポイント、さらには一人暮らしのコツと契約前に必ず確認しておかなければいけない事を解説。

一人暮らしの部屋探しは態度にも気をつけよう

さて一人暮らしの家賃交渉は誰にするのか、理解できたところで次に行きましょう。次は、大家さんと交渉するのは誰でしょうか?すこし考えてみてください。家賃を決めるのは大家さんだという事は忘れないで下さい。考えて、答えが出ましたか?まさか一人暮らしをするあなた自身だなんて、ビックリするような回答ではないですよね。答えは不動産会社の営業マンを介して、大家さんに交渉する。これが正しい答えです。大丈夫ですか?

一人暮らしで嫌われるポイント

ちゃんとついてきてますか?この事をしっかりと頭に入れておかないと、大変なことになってしまいますよ。なにが大変かって?一人暮らしをするあなた自身が、不動産会社の営業マンに嫌われてしまう事だってある訳です。こうなってしまったら、交渉どころの問題ではなくなります。一人暮らしの部屋探しに行く際は、態度にも気をつけておきましょう。営業マンだって同じ人間なんです。横柄な態度のお客さんはやはり嫌なものなんです。

一人暮らしの交渉の成否

こうなってしまったら、営業マンが気合を入れて交渉してくれなくなります。一人暮らしの部屋探しをする時に、ここは非常に重要になってくるので特に気をつけましょう。さらに言えば、地元の小さなところでは態度の悪い方は、相手にしてくれないとこもあります。そんなのないない、なんて冷たくあしらわれる事も珍しくありません。一人暮らしの部屋探しをする時だけでいいので、態度には気をつけましょう。これだけで交渉の成否が決まる場合もあります。

Copyright 一人暮らしのコツ 2017
無断転載、無断コピー等一切を禁止します